素敵な住まいをより素敵にするリフォームをしよう

防音する生活

床材選びの注意点とは

日常生活にはあらゆる音が発生しており、耳にも届かない小さな音から耳障りとなる大きな音まで、多種多様にあります。けれども家族を含め周辺住民と良好な関係を築くなら、音ストレスを無くし、誰もが平穏な気持ちに努める必要があります。それをサポートするのが防音室であり、ピアノやエレクトーン、ギターやドラム等、大きな音をシャットダウンさせる効果があります。 防音室を施工するなら壁面や音の遮断率だけでなく床にもこだわる必要があり、床の良し悪しによって防音精度は変わります。床は置くだけの簡単施工で終わりがちですが、床から音が伝わりストレスを感じるケースも多くあるため、防音室を施工する際は床材選びに注意が必要です。

防音室を2通り楽しむためのテクニック

大きな音を制限できる防音室ですが、施工内容によっては2つの使い方ができるため、工夫する事で効率の良い部屋となります。既存住宅に設置するため、これまでの生活空間を崩す事なく施工するなら、メリットのある空間に仕上げると満足できます。 その方法とは防音室とウォークインクローゼットを兼用する事であり、どちらも効率良く活用できるため、生活の質をアップできます。防音室として利用する場合は、ギター等の楽器を持ち込み自由に演奏が楽しめる空間として活用でき、ウォークインクローゼットとして利用する場合は、衣服やバッグ等のファッションアイテムを管理する部屋として活用できるため、無駄のない室内空間として大活躍できます。

↑ PAGE TOP